アメブロ内にニーズがあればアメブロを公式サイトへ

アメブロの中に見込み客がいる事を前提とし、
店舗集客を加速させる為に

運営者として頑張るべきポイントを
今からお伝えしておきます。

その1 読者登録(フォロー)は必須の作業

ネット集客はヤフーやグーグルなどの
検索エンジンから訪問してもらうのが
基本ですが、

ライバルとなるページ数が多ければ多いほど、
ヤフーやグーグルには検索順位が存在しますので、
アクセスが安定するまでは、

それなりの時間を要することになります。

その期間を短縮してくれるのが、
アメブロの読者登録機能です。
どういうことか?

アメブロのフォロー登録は1日に
50件登録をすることができるので、

この機能を活用して検索エンジンにはない
アクセスを呼び込みます。

ただやみくもに登録しても意味がありません。

見込み客になってくれそうな方を見つけながら、
フォロー登録をはじめてみてください

*やり方はこれからお伝えします

公式ジャンルなども参考にするといいでしょう。
http://ranking.ameba.jp/genre/category

*フォロー登録をする相手は
同業者にしても意味はありません

向こうもビジネス目的ですから・・

また記事を更新をしていない方、

フォロー登録ボタンを隠している方、

お気に入りの表示をしていない方は、

読者登録をする必要はありません。

理由はアメブロの特性を活かす事が出来ないからです。

例えばフォロー登録をすると、
相手のアメブロ管理画面を通じて
読者登録をされたことが分かりますので、

どんな人が登録してくれたのかな?と
興味を示す傾向が強く訪問されやすくなります。

このメリットがアメブロにはあるからこそ
やるべきと言っても過言ではありません。

無料でアクセスを集める事が出来ているのと
変わらないのですから・・

フォロー登録で大切なのはフォロー登録返しを
少しでもしてくれそうな方に向かって
登録をするのではありません。

自分のビジネスに興味を示してくれる人に対して
登録をする事がポイントです。

またフォロー登録は最大1000人まで
行うことができるのですが、

地道に登録をしていくと1000人登録は
1ヶ月強で終わります。

当然こちらが登録をしても相手がこちらに興味を示さずに
登録返しをしてくれない時も多々あります。

そういう場合はこちらで登録をやめると、
その分が整理されますのでまた新規で
登録作業が出来る様になります。

その2 アメブロのペタも有効

次にアメブロの中で1番がんばらないといけないのは
フォロー登録になるのですが、

もう1つアクセスアップに有効な機能があります。
それが「ぺた」や「いいね」機能です。

見込み客となる方にペタやいいね!残すことで、
フォロー登録と同じ様に相手からのアクセスを
比較的に簡単にもらうことが期待できます。

1日の制限回数は使用変更により変わりますので
ここでは明記しませんが、使用変更が起こっても、
どちらも最低100は付けられるとは思います。

これらの機能は手軽な分、ビジネス目的の方が
各自で作られたアメブロ専用のツールを使って
日頃からやっていますので、

昔よりも効果は落ちてはいますが
やらないよりはやった方が良いです。

ただ、アメブロ自体に負担が掛からない様に
優良なツールを使われてください。



ツールを使う事に抵抗がある方は手動で
地道にやるしかありませんが、
誰もが日常の仕事があります、

読者登録やいいね!などを手動で行うと
1時間や2時間では不可能です!

だからこそツールを使うと考える方が無難です。

やりたくないのならば記事タイトルなどで
集客が出来る様に頑張れば良いだけですからね!

ネット集客の為にツールを使うという認識は、
何かの表を作るのに定規を使って線を引いて作るのではなく、

エクセルを使って短時間で表を作成するのと同じで
時間を短縮する上でも必要だと思います。