店舗集客でSNSはどうつかうべきなのか?

グーグルはあなたのサイトやブログを
地元から閲覧する事が多いコンテンツか
はたまた色んな地域からの方がいいのか?

このあたりのデーターをちゃんと溜めています。
どの様に検索エンジンがユーザーの位置情報を
把握しているのかと言いますと、

ユーザーの接続IDから知る事が出来ます。

これは僕たちがネットに接続する度に
発行されるIDがあり、

その中に県名や数字が入っているので
そこからどの地域なのかを保存していき
位置情報を割り出しています。

余談になりますが、こういう情報取集を
検索エンジンは日々行っているので、

ヤフーやグーグルで広告を出す時なども
地域に絞って表示させることが可能なんです。

そう考えるとあなたがネットを使って
店舗集客をする上で自分たちの地域に関する
情報などを提示する事はとても大切です。

例えば、自分たちのブログやサイトに
同じ地域で活躍している別業種の方を
紹介するのも1つの手段ではありますが、

サイトのテーマとしてズレが出るので
自分たちのコンテンツで紹介するのは
アイディアとしてはありだけど、

グーグルに好まれる為には違う方がいい。

それなら何をすればいいのかと言うと
ツイッターなどで紹介してあげるのです。

そうすれば相手にも喜ばれるし、
地元の人も集まりやすくなります。

こういう事を繰り返していくと、
ツイッターからあなたのサイトに
アクセスしてくれるチャンスも広がるし
別の集客導線を増やす事も出来ます。

あっ、もちろんツイッターだけじゃないですよ?
ツイッターではそういう役割を持たせて、

次にfacebookページなどを使って
自分たちが接客している姿などを
メインに投稿をしていく

インスタグラムの方では料理だけを
中心にアップしていくなどなど

各SNSに役割を持たせてあげると
作業をする側も見る側も分かりやすいし
テーマを分散させていく事で、

メインサイトの方に興味を持つ方も
増えていきますからね。

全てを同じ投稿を使って分散しても
内容の重複はあまりよくありません。

ゴール自体を自分たちのサイトやブログに
到達してくれる事を目的にしていれば
自ずとやる事は見えてきますよ!